シルバー925と金属アレルギー

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

シルバーは金属アレルギーになりますか?

金属アレルギー協会へのお問合せ内容の中で多いものとして、「シルバーアクセサリー」に関することです。 例えばですが、業界の方でなければ、表記に「シルバー」「シルバー925」「シルバー900」と記載されているだけでは、どのような金属なのか、合金なのか、表面加工がなされているかわからない方が多いかと思います。店頭で質問をしてもなかなかスムーズに回答を得られなかったりします。

一般的に、ご自身が「金属アレルギー」であると認識されている方の多くに「シルバーアクセサリーはかゆくなる」というお声が沢山あります。

なぜ、シルバーアクセサリーはかゆくなる率が高い?

シルバーは、元素記号では「Ag」と表記しますが、Ag、それ自体はほぼ金属アレルギーの原因になりにくいといわれています。ですからシルバー1000であれば、表面加工が一切なされていなければ、ほぼ金属アレルギーになりにくいと言われています。ただし、シルバー1000のアクセサリーは、加工もしにくく、柔らかいのでキズもつき易い、変色し易い、という事からなかなか販売がされていませんね。

多く販売されているシルバー製品ではシルバー925が多いのではないでしょうか。シルバー925は「 銀92.5%」 + 「銅7.5%」からなる合金です。メーカーによってはニッケルを使うことも多く、また表面加工としてロジウムコーティングをしているものもありますが、アレルギーが出やすいとされていますので避けた方がいいでしょう。

詳しい理由は・・・?下記メルマガ登録をされた方に詳しくお伝えしていきます。

さらに詳しい情報をメルマガにて

金属アレルギーチャート

金属アレルギーに役立つメールマガジンを配信しています。ご登録いただいた方には「すぐに役に立つ金属アレルギーチャート」を無料でプレゼントしています。

内容は、金属アレルギー業界最新情報、金属アレルギーマイスター・資格・イベント情報、金属アレルギー対策製品情報などです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください