金属アレルギーの原因や対処法を伝える

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

金属アレルギーとはどのような症状か

ジュエリー・アクセサリーショップでは・・・?

ジュエリーやアクセサリーショップのあの素敵な空間で、ワクワク・ドキドキしながら「これを身に付けたら○○な自分になれる!」「あのイベントでこれを付けたい!」「プレゼントされたい、したい」と思ったことはありませんか?店頭で美しく磨かれたガラスケースの中を覗きながら、目にするのは、「デザイン」でしょうか。「価格」でしょうか。それとも「素材」でしょうか?

選ぶ基準は?

金属アレルギーと無縁の方であれば、「デザイン」「価格」「石」などを重視されるのではないかと思いますが、金属アレルギーでお困りの方にとっては「選ぶ基準」が少し異なります。

それは・・・「素材」です。その次に「デザイン」や「価格」がくるのではないでしょうか?

ただ、最近では金属アレルギーの症状が軽い方のお話によると、「かゆいのは我慢」してしまう!という傾向があるようです。「デザイン」や「価格」を重視して、「金属アレルギー」は後回し。少しかゆくなるのを我慢すればいいと考える方もいらっしゃるようです。

我慢を続けると・・・

ただ、金属アレルギーの「かゆみ」→ 「掻く等の皮膚バリアを壊す」 → 「症状がなくなるまでアクセサリーはお休み」→ 「治ったからまた付ける」 → 「またかゆくなる」→ 「また皮膚バリアを壊す」の繰り返しをしていると・・・その部分が段々と黒ずんでしまうことがわかってきています。

そうです、「色素沈着」が起こるリスクが高まるのです。例えばネックレスでそのようなことを繰り返している場合、首周りに黒ずんだ線が付いてしまって「黒いネックレス」をしているかのようになってしまったら・・・。できればそのような事は極力避けたいですよね。

自分にとって一度でも痒くなってしまった事のあるジュエリー・アクセサリーなどの装飾品は、なるべく身に付けない事がお肌にとって大事なことです。

「純度の高いものでしたら比較的安心ですよ」

純度の高いものでしたら比較的安心ですよ」は、ジュエリー・アクセサリーショップで良く聞くフレーズです。

しかし、この発言は「半分正解で半分不正解」です。アレルギーの仕組みをきちんと理解していればこのような発言はされないでしょうし、商品販売の場では、されるべきではない発言ではないと考えます。

「金属アレルギーマイスター」という資格の人気が高まってきている昨今、販売の現場でも少しずつ取り入れている企業も増えてきています。

購入される皆さんも「金属アレルギーマイスター」をお持ちの企業・販売員・ハンドメイド作家さんであれば安心して相談・購入が出来るのではないかと思います。

詳しい理由は・・・?下記メルマガ登録をされた方に詳しくお伝えしていきます。

さらに詳しい情報をメルマガにて

金属アレルギーチャート

金属アレルギーに役立つメールマガジンを配信しています。ご登録いただいた方には「すぐに役に立つ金属アレルギーチャート」を無料でプレゼントしています。

内容は、金属アレルギー業界最新情報、金属アレルギーマイスター・資格・イベント情報、金属アレルギー対策製品情報などです。

金属アレルギーの原因や対処法を伝える” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください