金属アレルギー対応の認識違い

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

純度が高ければ金属アレルギーには安全?

先日書いた「純度の高いものでしたら比較的安心ですよ」の記事に関連して、今日は、とあるジュエリー工房とのやり取りから。

金属アレルギー協会のお客様からの依頼で「OEM可能な」アクセサリー製作をしている法人を紹介してくださいというものでした。合致しそうな企業・工房さんを探し、早速ヒアリングをいたしました。

ヒアリング内容はもちろん「金属アレルギーに対応したものは製造できますか?」です。

大抵の企業さんでは、一部「ステンレス」や「チタン」を使用するという形で対応可能であったり、もう少し踏み込んで独自に商品開発という形でお話進めましょう、という新しいビジネスが生まれます。

そんな中、このような工房さんがいらっしゃいました。

工房さん:「はい、金属アレルギー対応はばっちりです。うちは金属アレルギー対応と言われると『純金』『純銀コーティングを施して提供したりしますね。」

協会員:「金属アレルギー対応に、純金コーティングですか?」と私が驚いて聞くと、

工房さん「はい、金(Au)は金属アレルギーを起こしませんからね!」と自信満々に回答をいただきました。しかし・・・。

金(Au)やプラチナ(Pt)でも金属アレルギーの報告はあります

厚生労働省の「家庭用品等に係る健康被害病院モニター報告」によると、金(Au)プラチナ(Pt)にも金属アレルギーによる反応が起きる方がいるという報告があります。これは、例えばK14やK10などの「純度が低いから」ではありません。報告書によると、Au自体に反応が起きているという、「純度100%の金でも」金属アレルギー反応が起きる、という皮膚科等医療機関からの報告をまとめた結果です。

これは意外と日本国内では知られていないので、一般的に間違った認識が広がっていると感じます。

一概に、「プラチナだから大丈夫」。「金だから安心」。という事ではないという事がわかります。

メッキの方法、そして下地メッキ

そして忘れてはいけないのが、メッキの手法について。

ロジウムメッキを施しているので、金属アレルギーには問題ありません」

「○○メッキをしているので、大丈夫だと聞いています」

という、お声も沢山聞かれますが、、そこには、本当にメッキの手法を熟知しているのか、科学的根拠があっての回答なのか、疑問を持ちます。

皆さんはどのように思われますか?

もっと詳しく知りたい方は、下記のメルマガ登録をされてくださいね。

さらに詳しい情報をメルマガにて

金属アレルギーチャート

金属アレルギーに役立つメールマガジンを配信しています。ご登録いただいた方には「すぐに役に立つ金属アレルギーチャート」を無料でプレゼントしています。

内容は、金属アレルギー業界最新情報、金属アレルギーマイスター・資格・イベント情報、金属アレルギー対策製品情報などです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください