SDGs達成に向けた取り組み

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

金属アレルギー協会は、資格・学校教育・企業研修事業を通じ、SDGs達成に向けた取り組みを支援します。

持続可能な開発目標(SDGs)とは

(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

SDGs達成に向けた金属アレルギー協会の取り組み

■つくる責任つかう責任

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

金属アレルギー協会では、製造したそのものへの認識・理解を深め、世の中やつかう人に優しいものを提供するだけでなく、環境の安全面への工夫も必要だと考えています。

正しい知識や認識があることでレベルアップした対応ができ、つかう人への安心感、世の中の資源を無駄にしない試みを提供できるのではないでしょうか。

世の中に商品やサービスを提供する側は、最低限の安全性と、最大限の努力でつかう側に対して真摯に向き合うべきもの、と考えます。

今あるサービスに「金属アレルギーの正しい知識」をプラスアルファすることで、つかう人に安全なものを自信を持ってお渡しでき、喜ばれることが本来のありかただと考えます。

■法人の方へ■


お客様が商品を購入された後、こういった声をいただいたことはありませんか?
「購入後、かゆみなどのトラブルがおこった!」「もうジュエリー・アクセサリーは身に付けられない」「アレルギーが酷くなった。購入して後悔した」

非常にショックで残念な出来事ではないでしょうか。

そのような場合、お店の評判だけではなくジュエリー・アクセサリーそのものから、皆が遠ざかってしまう可能性も想像できます。

また、店頭で対応する店員も「出来ればかぶれやすい人は買わないでほしい・・・」という対応の形ができてしまう可能性もあります。

こういったことを少しでも減らしていくために、必要な人に、安心・安全で「必要なもの」をつくっていく、というサービスを取り入れてみませんか?企業研修・新人研修・団体資格取得等、お問合せください。

■学校関係者の方へ■


ジュエリー・アクセサリーデザイン、プロダクトデザイン、美術大学の彫金科などで学ぶ多くの学生の皆さんは、今後少なからず金属アレルギー問題に関わっていくのではないでしょうか。

いまや多くの調理や製菓など「食」にまつわる仕事について学ぶ学生の方が「食物アレルギー」について学ぶように、身に付ける可能性のあるものを製造・デザインの仕事について学ぶ学生が、学生のうちにしっかりとした正しい「金属アレルギー」の知識を教えることが将来のために不可欠なことであり、教える立場の先生にはそうあってほしいと考えています。また、近年学生のうちに金属アレルギーの知識を身に付けておいて欲しいと考える企業も増えてきています。

「アレルギー」に罹患する日本人が年々増加していく世の中、金属アレルギーに関する対策は必須不可欠だと考えます。特別講義、授業の中に取り入れてみませんか?

■個人事業主の方へ■


ハンドメイド作家の皆さんは、それぞれのお客様に対しプラスアルファの知識として金属アレルギーについて学ぶことはとても喜ばれますし、有効になります。

お客様の側から見ると、資格の有無だけではなく、正しい情報を伝えてくれるかどうか、という点に非常に関心の高い部分です。

ただたんに「金属アレルギー対応」です、と伝え、販売をするのと、「具体的にどのような金属アレルギー対応なのか」、を正しく伝える事ができていますか?

■金属アレルギー罹患者の方へ■


もしかすると、ジュエリー・アクセサリーを見につけた時に赤くなったりただれたりで大変な思いをされたことがあるかもしれません。 「もうジュエリー・アクセサリーを身に付けるのはやめておこう」と考えていらっしゃるかもしれません。

ですが、諦めないでほしいのです。昨今、加工技術の向上や企業努力の結果、皆さんそれぞれに合った、お肌に優しいジュエリ・アクセサリーが続々と市場に出てきています。

今までは「金属アレルギーに関する知識と認識」が、販売側・罹患者側、皆バラバラであることによる被害を被ってしまったかもしれません。

ですが、金属アレルギーだからといって諦めていたジュエリー・アクセサリーを身に着けられるようになったら?女性は、誰でも嬉しくなるのではないでしょうか。ぜひ、ご自身のためにも、正しい知識を身に付け、ジュエリー・アクセサリー選びが楽しくなるよう検定を受けてみてください。


■すべての人に健康と福祉を

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

金属アレルギー協会では、「金属アレルギーアドバイザー」と「金属アレルギーマイスター」の2つの資格事業を通じ、金属アレルギーで困らない生活や製品のアドバイスをする専門家を育てています。

この取り組みは、すべての人が平和で豊かな生活を営める世の中を目指す普遍的な行動を呼びかけているものになります。

対処法を誤ると重症になりかねないのが、「金属アレルギー」です。
安心できる、また安全に使える金属加工品の提供と、全ての人が健康であること、また福祉面でも協力できる環境を目指しています。

地球保護を目指す意味でも、自分に合ったアクセサリーやジュエリーをはじめとしたピアス・時計など多々ある金属製品を用いることにより処分される金属類を減らすためにも、またアレルギー症状の起きないアクセサリーをつくる工夫や知識を広めることが、金属アレルギーによる重症化を激減させるだけでなく、精神保健および福祉を促進すると考えます。

アレルギー体質の人にも安心して商品を選んでいただけるように、そして案内できるように。

「金属アレルギーアドバイザー」と「金属アレルギーマイスター」が伝える金属アレルギーに対するサポートで、世の中の健康と福祉に関する状況を良好なものへと導くことができます。

認定資格「金属アレルギーアドバイザー」「金属アレルギーマイスター」を通じて、つくる人・販売する人・使う人の知識・認識レベルを一定にして心の健康に大いに役立ててみませんか?

かぶれやすい素材のものを、徐々に減らす

金属アレルギー協会は、有害化学物質、ならびに金属アレルギーによる疾病の件数を大幅に減少させること、また、心身の健康と福祉に取り組むことで、心豊かな生活が営めるよう、今日も活動を続けております。



さらに詳しい金属アレルギー対策の情報をメルマガにて

金属アレルギーチャート

金属アレルギーに役立つメールマガジンを配信しています。ご登録いただいた方には「すぐに役に立つ金属アレルギーチャート」を無料でプレゼントしています。

内容は、金属アレルギー業界最新情報、金属アレルギーマイスター・資格・イベント情報、金属アレルギー対策製品情報などです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

新個人会員のご紹介