金属アレルギー特別講義を行いました(文化服装学院)

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

毎年特別講義でお話をさせていただいている、渋谷区の文化服装学院 のジュエリーデザイン科、バッグデザイン科、シューズデザイン科、帽子デザイン科の2、3年生に向けて、「金属アレルギーの基礎及び素材からの影響」というテーマで講義を担当いたしました。

即時型のアレルギー、そして遅延型の金属アレルギーについてはもちろん、金属についての基礎・特性、元素周期表、メッキなどの表面加工から、各種コーティング、そしてマーケティングなど幅広い内容での講義となりました。また、バッグやシューズ、帽子デザイン科の学生も参加していましたので、革(皮)やプラスチックやその他素材からの人体への影響についても併せてお話をしました。

企業は「正しい金属アレルギー」の知識を必要としている

近年、金属アレルギー罹患者は増加していると言われており、金属アレルギー協会の活動を行っている上で耳にする話ですが、装飾品業界も「金属アレルギー対応」に力を入れ始めています。そのため採用の際、正しい金属アレルギーの知識を持つ学生にも注目が集まっているとの事です。

※コロナ渦での授業ですので、一部生徒は別教室でオンラインでお話を聞いていただく形となっています。

金属アレルギーについての講義をご希望のジュエリー・アクセサリー/工芸/デザイン等の学校(専門学校・大学)関係者の方は、お気軽に協会お問合せフォームよりお問合せ下さい。現在は、対面授業はもちろん、オンライン、録画形式の講義(メディア)でも対応が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください